忍者ブログ
サブホームページ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

部屋にカビ等の微生物が発生しているかもしれなくて怖い。
洗濯物がなかなか乾かず、しまいに変な臭いを発するようになる。
いくらアイロンをかけても完全に乾く所までは至らず、何となく湿り気が残る感じ。
それをまた部屋干ししたところで再び湿り気を帯びてしまう堂々巡り。
職場の人に相談をしたところ、ほぼ「乾燥機にかける」という答えであった。
乾燥機にかけたうえで部屋干しし、その際ファブリーズで殺菌するとのこと。
やっぱり肝は乾燥機なのかぁ~
我が家にはそのように高級な白物家電を置けるスペースが何処にもない。
その昔、家庭用乾燥機は身内の結婚祝い等で贈られるような高級家電であり、シャワートイレとともに庶民には高根の花的な電化製品であったのだが、自分にとっては未だに高根の花のままである。
残念乍らこの先も導入出来そうな気が全くしない。

干した洗濯ものが完全に乾ききったのがどうか判断が付かないまま、タンスに仕舞う恐ろしさよ。
PR
歳のせいか、暑さ寒さが辛い。
リタイア後にハワイやマレーシアに移住する人達の気持ちがわかるようになってきた。
猛暑と冬のない国に住みたいなあ。
もし一年中同じくらいの温度が続いたら、私どうなっちゃうのかな?
洋服そんなにいらないよね、タンスいらず。
靴もそんなに必要ないし、扇風機やファンヒーターもいらない。
家具が大幅に減らせる???
わーお!!!
仲良しだと思っていたら、実はお互い悪口を言い合っていたり。
〇〇さんはとてもいい人で私のことを理解してくれてる。
〇〇さんは非常識、なぜそんな事言えるのか理解できない。
1人の人間に対してたった2日でこうも見解が変わってしまうのだ。
なんなのそれ・・・って思うんだけど
どうも説得のしようがない。
他人様を自分の秤にかけてこういう人だと判定するのは簡単だ。
それは自分にとっての他人の位置付けを勝手に決めて、こういう人間というレッテルを貼ってるだけ。
自分にとって良い人なのか悪い人なのかってことだけ。
でも社会は人と人が共同作業をして生産性を上げてくとこ。
良いも悪いも一緒に動く。
つべこべ言ってたら何も進んでいかない。
そーゆーめんどくさい人達を説得して動かしていくのが仕事。

機嫌の良い悪いもあるしほんとたいへん。
以前LOSTにハマッた時、約半年くらいかけて全シーズンを観賞した。
一気に見続けるとハマりすぎてやばい。
でもそれは実際興味の持てるストーリーじゃないと大抵途中で観るのを止めてしまう。
スーパーナチュラルは悪魔退治の話だ。
成仏出来ない霊を浄化したり、都市伝説的なオバケ類と闘ったり。
それで長く続けば物語もだんだんドラゴンボール化してくるわけで、この世の終焉がからんでくる。いっぺん地獄に落ちて何とか生還したり、天使同士の攻防戦が起きたり、神が不在とかな壮大なスケールの話になってくる。
大勢でストーリーや世界観を作り出しているのでしょう、正直ワクワクする。
何となくダークな感じもステキだし、主人公のサムとディーンは貴公子的な男子たち。
そしてなにより常に冴えないファッションで現れる天使がいい味出してて胸キュンなのだ。
ていうか、天使類はおっさんばっか・・・。悪魔は美女ばかりなのに。

そして基本ロードムービーという設定がたまらん。
アメリカ全土を観光して回っているような気になる。
いいなあいいなあ、お金があったらわたしも一回りしてみたいものです。
おのぼりさんになって旅したい。

しかしアメリカのテレビドラマを観ていて分かったのだけど、相手を傷付けるような言い方できっぱりと指摘するとこは日本人にはない部分。
その反面、謝罪の言葉と褒める言葉が丁寧だったりする。
傷付け合って仲直りして互いの愛を確かめるの繰り返し。
一昨年、生まれて初めて渡ったアメリカ大陸。
ライブホールで飲んだビールの旨かったことと言ったら・・・
んで、帰国後早速飲んだモルツなんだが、やっぱりそれはモルツでしかなく、あの驚きを覚えるくらいの旨さは一体何だったのかと思い続けていた。
それはロスやサンフランシスコの超乾燥地帯だからこそ得られたものなのかしらとも諦めていた。
そして今回二度目の渡米。
とうとうその謎が解けたのだった。
アメリカはクラフトビールが多く、種類も多種多様で地域や街特有のビールがある。
新鮮なクラフトビールは独特な果物の香りがしたり、ミネラル成分の複雑な旨味があったりする。
私はアメリカといったらバドワイザー的な極めて浅はかな考えを持っていた自分が非常に恥ずかしい。アメリカのビールは旨いに決まっていたのだった・・・。

メリーランドデスフェストの屋内会場には、バーが3箇所あってそれぞれ個性を持っていた。
私が通っていたバーは、いかにもなアメリカ人のイケ面のお兄さんが切り盛りしていて、飲み物を買いに行く度に、「ハイ、ハニー」とか「ヘイ、ベイベー」とウィンクしてくる。
そう、アメリカは大陸がでかいせいか太っ腹だ。私のようなオバさんでも単なるババア扱いはせず、女として応対するらしいのだ。そこは日本と違うよな、日本は特に若い娘だけが特別扱いを受けける国だ。アメリカに行って自分は女だったかしらと改めて気付かされたりした。

炭酸飲料の泡をきっちり捨てて、表面張力摺り切りいっぱいで渡してくれる気前のよい兄さんなのであった。即飲まないとその場で溢れる・・・そこでは缶ビールもクラフトビールを置いてあって、ドリンクチケットで高価なクラフトビールを飲ませてくれる。
やっぱりアメリカはビールが旨かった。
日本にはほとんど入ってきていない、ビール好きはアメリカに行って飲んでくるべしと思った。

でだ。
帰国後、やたらクラフトビールを飲むようになった。
高価なんだけど、、旨いっす。

カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/04 チョコ]
[01/22 あさい]
[07/19 どびん]
[07/14 あさい]
[03/30 どびん]
プロフィール
HN:
ROBIN
性別:
女性
職業:
会社員
趣味:
料理
自己紹介:
変拍子の大好きなOLです。
プライベートではバンドをやったりゲームをしたりペットと遊んだりしています。
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]